頻尿 原因を自分で調べて対策」へようこそ。



トイレ 排尿 頻尿


自分で頻尿について調べたい人のために、ポイントを整理してやさしく解説しました。

病院で治療を受ける前に、患者として基本的な頻尿の知識を持っておくことは、今後の対策を考えるうえで意味のあることです。


当サイトは不定期に更新予定ですので、よろしければ「お気に入り」に入れておいて下さい。


スポンサーリンク


 

正常な排尿と、多様な排尿障害


「排尿の回数が多い状態が頻尿(ひんにょう)」というのは、なんとなくイメージできると思います。

ではトイレに行く平均的な回数、ごく普通の正常な排尿の状態とは、どのような状態を指すのでしょうか?


通常は膀胱に200~300ミリリットルの尿がたまると、トイレに行きたくなります。

成人の一日の排尿量は、合計で1~1.5リットルに達します。

回数にして5~7回程度、一回のトイレで150~300ミリリットル程度の尿が、30秒前後かかって排出されます。

ただし一日の排出量がほぼ1~1.5リットル程度なら、これより回数が少なくても、そう気にする必要はありません(ただし一日400ミリリットル以下だと、老廃物等の排泄が不十分な状態として「乏尿(ぼうにょう)」の診断がつきます。)。

一日に9~10回以上と逆に多い場合は、やはり一度泌尿器科に相談するほうがよいでしょう。

 

症状の放置は危険~原因特定が最優先


『トイレの回数が近いことで痛みを感じたり、体調に変調をきたしている、あるいは仕事面などで自身の日常生活の質を大きく下げているといったことさえなければ、排尿回数はそれほど気にする必要がない』といった意見は、確かにあります。


しかし頻尿を起こす原因は多岐に渡っているため、気にせず放置するという姿勢はとても危険であると言わざるを得ません。


心因性の頻尿のケースはまだしも、脳梗塞などの脳血管疾患や糖尿病を原因とする場合もあり、この場合は放置すると原因となる疾患の症状が進むことから、最終的に深刻な結果をもたらす恐れがあります。

(なお糖尿病については、糖尿病 3分で知る症状と全体像~治療・食事・予防をご参照ください。)


 すべての記事は⇒こちらから

スポンサーリンク

カテゴリ


【関連サイト】

腎臓病 症状と治療のポイント解説
更年期障害 症状と対策~安心を得るために

本サイトの情報提供について

本サイト「頻尿 原因を自分で調べて対策」は、頻尿に関わる情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。あくまで、これらに関わる広範な一般的知識と情報提供を行うことを趣旨としており、またこれらの情報提供行為により、何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもとご使用・ご利用いただくようお願いいたします。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

TOPPAGE  TOP